ある日、太郎は道を歩いていました。

そしたら花子さんに会いました。

二人が仲良く歩いていると、電柱の影で一郎君が恨めしそうに見ていました。